物言わぬ動物達

ムツゴロウ動物王国が崩壊危機

 東京都あきる野市の「東京ムツゴロウ動物王国」の運営会社が来月にも破産することが14日、分かった。04年7月、北海道から移転してきたが、集客が伸びず、経営が破たん。負債総額は約8億円に上るという。暫定的に運営を引き継いでいる“ムツゴロウ”こと畑正憲さん(71)は「北海道時代から35年間培ってきたものを、ここで潰してしまうわけにはいかない」と王国の再建を誓った。    2006年10月15日スポニチ


詳細記事はこちら

う~ん、どうなんでしょうね。

あきる野市と言うのは東京の西外れ。我が家から一時間ほど。
遠く長野県から山梨を経てず~っと続いてきた山並みが関東平野に落ち込む地点とでも言いましょうか。東京ムツゴロウ王国はそんなところにあります。
とは言えそれほど前評判が高かった覚えも無く、いつの間にかオープンしていたと言う印象。
それほどの経営危機に陥っていたなんて全然知りませんでした。

と言う事は取りも直さず我々の興味がそこには無かったと言う事。
何故なんでしょう?
その最大の誤算は、東京に移転した事に尽きると思います。
大自然に抱かれた北海道・中標津にあればこそのムツゴロウ王国であった。
その豊かなかつ厳しい自然の中で過ごす動物達との触れ合いこそが魅力だったのではないか。
そこから離れて我々の住環境に移転した動物王国には、興味は持てなかった。
そこにいる動物達は言うなれば我が家のペットと大差ないからです。

経営破綻と言う事になれば今後の行く末はどうなるんでしょう?
そこに働く人もそうですが、動物達のことがいささか心配でもあります。

動物達が言葉を話せたら何て言うのかな・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-10-15 22:00 | 雑感


<< 雲 秋は夕暮れ >>