チデジジダイトウライ

別にタイトルに意味は無いんです。
地デジ時代到来。
漢字で書いてもインパクトが少ないのでデジタルらしさを出すために全てカタカナ表記にしてみました。
何て読みにくいんでしょ。家のオヤジはきっと読めませんね、これ。
ウチュウジンシュウライ・・・カタカナで書くと「宇宙人襲来」もなんか似てますね。
他には・・・ってそんなのどうでもいいんです。
ただ最近テレビを見ている時に妙に気になる事がありまして・・・。

それは草ナギさんが出てきて訴える「2011年7月に今見ているアナログ放送が全て終了します」と言うCM。何だか最近目障りで仕方がありません。
こう何度も繰り返されると、だから何?って開き直りたくなります。
今風で言うと「逆ギレ」ですか。

要は地デジなるものに全部切り替わってしまい、今までのアナログ放送が終了するので新しい規格のテレビに買い替えなさいと言う事。
何だか恫喝されているみたいな気がして何となく不愉快です。
「テレビ替えろよ!新しい規格に対応してねーと見らんねーぞ、オラッ」って言われているような気がしてなりません。
余談ですが草ナギさんがCMキャラなのはこの辺のソフトさを狙ったんじゃないかと思ってるんですけどね。もしこのキャラが亀田一家だったりしたら絶対反発されるもの・・・。
暴動とかが起きるかもしれん。

地デジ。
正式名称は「地上デジタルテレビジョン放送」。
いつの間にか当たり前みたいな感覚になっていませんか?
アナログに対してのデジタルと言う事で判ったような気になっているだけでしょ?
だけど、それが何なのか本当の所よくわかっていませんよね。

言葉が当たり前のように耳から入ってきて、知らず知らずのうちに洗脳されている気がします。
もう少しそうするための必然性とか理由とかを伝えてくれる方が親切じゃないのかなと思います。
お年寄りなんかはもうテレビが見られなくなるって思う人いるかもしれないし。

大体「地デジ」だの「ワンセグ」だのって、何でもかんでも略しゃ良いってもんじゃないですよね。
「ワンレン」「ボディコン」「ハイレグ」との区別がつかんぞ。(本当は区別、よ~くついてますが)

我が家のテレビもそろそろ年代物なので考えなくてはいけない時期。
決して安い買い物ではないので、今しばらくは様子を見ておきましょう。

2011年7月、アナログ放送滅亡の日まで4年と9ヶ月。
「宇宙戦艦ヤマト」の地球滅亡の日までのカウントダウンをパクってみました。
松本零士さんに盗作だって訴えられるかもしれん・・・・。


追記:最後の一文を書きたいがためにこの記事書いたのではありません。悪しからず。
[PR]
by kazz1125 | 2006-10-20 10:24 | 雑感


<< 便座エース 紛らわしさの果て >>