私は今日まで生きてみました

少し時間軸を戻しますが、月曜日の晩の事。
NHKで「プレミアム10・今日までそして明日から」と言う番組が放映されました。
9/23に静岡県・掛川市つま恋で行われた「吉田拓郎・かぐや姫コンサートINつま恋2006」のドキュメンタリーです。

31年前に同じ場所、同じ顔ぶれで行われた伝説のつま恋。
僕は若かりし頃の「憧憬」が損なわれるのが何となく嫌だったので、色々考えた挙句今回参加しませんでした。
しかしながら過ぎた時は僕にも彼らにも同じように流れていたのですから、現実は現実として見ておけばよかったなというのが過ぎた今の感想です。

テレビモニターの向こうにはそれぞれの歳月を経てきた彼らの姿がありました。
頭がすっかり薄くなった拓郎、パンダさん。
声の出なくなった正やん。
皺っぽくなったこうせつ。

でも彼らは歌い続けていました。
あの頃と同じように思いを込めて・・・。

「私は今日まで生きて見ました・・・明日からもこうして生きてゆくだろうと・・・。」
何のためにではなく、生きている事自体に意味があるのかな。
きっとそうなんでしょう・・・。

力のある限り。
[PR]
by kazz1125 | 2006-10-26 23:01 | 音楽


<< 日本ハム優勝 世界史の無い世界 >>