口笛奏者

唐突ですが、あなたは口笛が吹けますか?
もし吹けるとしたら、初めて吹けたのはいつ頃ですか?

先日、ピクニックの記事を記した際に、愚にもつかない替え歌なんぞを書き連ねました。
その元歌の「ピクニック」に「口笛吹きつつ・・・」とありますように、人は気分が良いと口笛を吹きたくなるものらしい・・・。
もちろん口笛が上手に吹けなければそんな気分にはなるはずはないでしょうけど。

今日、2tトラックであちらこちらと走り回る用がありまして、その移動の最中に普段は滅多に聞かないんですけど、珍しくNHKラジオを付けっ放しにしてたんですね。
午前中の「わくわくラジオ」(どうしてNHKの番組名はこういうセンスのものになってしまうのか・・・それはそれで大変興味深いのですが)という番組に「口笛奏者・分山貴美子(わけやまきみこ)さん」という方がゲスト出演されていました。
最初口笛奏者と聞いて、高齢の爺さんが出て来るのかと思っていたら妙齢の女性。
そしてその口笛たるや低音から高音まで余す所なく響き渡るその音は正に楽器。
しばしラジオに聞き入ってしまいました。

聞く所によると、ピアニストとして国立音大で学んでいたのですが、1年生の時の学園祭で趣味の口笛をアンサンブルとして披露したのがそもそもの始まり。
それから少しずつ、ピアノ弾いてる時も口が余ってるので「弾き語り」ならぬ「弾き吹き」を始めたそうです。
フルート奏者は口笛が上手ではないが、逆にトランペット奏者は上手であるとか、面白いエピソードも取り混ぜての1時間足らずの放送。
中々興味深く面白いものでした。

何枚かCDも出されているようですし、頻繁にコンサートなども行われている模様です。
興味が沸いた方はこちらの分山さんのサイトへ。
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-01 16:33 | 音楽


<< 決勝・・・ 朝のひとり言 >>