冬の便りに

今年も
北の国から足早に届き始めた冬の便りに
何処と無く寂しい思いを感じながら
過ぎ行く時を思ったりもする

変わり行く
確かな季節の移ろいは
紛う事なく
繰り返されてきた自然の営み

だけど
だけど今はまだ
最後の彩りに綴られた秋に
もう少しだけ包まれていたいな

時として吹く冷たい風が
一枚一枚木の葉を落としてゆく
そんな季節のカウントダウンと共に
モノトーンの季節が
厳しい寒さを連れて来るまで

少しだけ
そう、もう少しだけ・・・
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-15 23:39 |


<< 水戸黄門 不夜城 >>