冬からの絵葉書

この季節北からの風が吹く頃になると、所沢の事務所向かいの茶畑の遥か彼方に、薄っすらと雪化粧をした日光の山々が見え始めます。
もちろん夏の間にもそこに山々はちゃんとあるはずなのに、まず暖かい時期に見えたことはありません。
冷たい北風が澄んだ空気を運んでくるのでしょうね。

今日この冬初めて、北からの冷たい季節風と共に山が姿を現しました。
北風が運んでくれた一枚の絵葉書。

・・・山が見え始めると、朝、車の窓ガラスが一面の霜で覆われだす日も間もなくです。

ちなみに僕の職場は所沢の郊外にあるのですが、住まいのある東京多摩地区よりさらに3,4℃冬は気温が下がります・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-11-24 15:23 | 風景


<< 去り行く秋の日 太陽の子 >>