「ほっ」と。キャンペーン

父の具合

東京は久し振りに朝から晴れ。
やはり気分的に違います。

父が糖尿病の食事療法のため入院して約2週間、いまだ退院の兆し無し。
昨日、母が僕に話してくれました。

入院して4、5日した頃の事。
糖尿病にはカロリーコントロールと運動が大切です。
ということで、病院内を運動時間を決めて歩かされるのが糖尿病患者さんの日課なのですが、普段余り運動をしない父は何日目かには脚が痛くなってしまったそうな。
ある晩母の所に電話をかけてきた父は電話口でこう言いました。
「具合が悪くてしょうがない・・・。」
よく聞けば要は日ごろの運動不足が祟っただけの話らしい。

母はきっぱりと言い放ちました。
「入院先の病院から具合が悪いって自宅へ電話してくる馬鹿もいやしないよっ!」。

仰るとおりでございます。

かくして父の退院の目安は未だにちっとも立たないのでありました。
運動しろ運動・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-16 09:02 | 世間話


<< 命 赤い靴下に入った男 >>