12月12日は「漢字の日」です。
毎年この日に今年一年を端的にイメージする漢字一文字を公募選出、清水寺にて貫主が大きな半紙に揮毫して収めるというのが「今年の漢字」です。
1995年、阪神淡路大震災の年より始まった企画で今年で12回目になります。



今年の漢字は「」。
選定理由は・・・
悠仁親王のご誕生に、日本中が祝福ムードに包まれた一方、
いじめによる子供の自殺、虐待、飲酒運転による事故など、痛ましい事件が多発。
そんな中、北朝鮮で核実験、国内では医療問題が続出して・・・
ひとつしかない命の重み、大切さを痛感した年。

日本漢字能力検定協会HPより引用
                                       ということです。

命。
生きとし生けるもの全てに生きる権利は平等にあります。
しかし、お題目のようにそんな言葉を唱えても、実際は一向に改善されてゆく気配も無い・・・。
それは何となく気がついていても誰も決して口にはしていないように思います。

人と人との関わり、動物との関わり、日常生活の中で当たり前のように学んでゆく事であったのに、それがいつの間にか出来ない世の中になってしまっている。
教育の問題とも深く関わっています。
人としての優しさが希薄になっているのもまた事実。
どうしてそうなった、どうすればよいかなどという事は僕にもわかりません。

だただた少しでもこれからの子ども達の未来に向けて、より良い社会にすべく少しでも努力をしなくてはならないのは、今を生きている我々の責任。まずはそういう意識を持つ事から始めなくては・・・。それだけは肝に銘じておこうと思います。

ところで安倍総理。
「総理にとって今年の一文字は?」と問われたところ、「今年は私にとって変化の年でした。それは責任ですかね」。

言わんとするところはよ~く判るんですが、安倍さんこれどう考えても二文字だよ。
テレビのクイズ番組ならすぐに×ですぜ・・・先輩、頼むよ。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-17 08:59 | 言の葉


<< カーナビ 父の具合 >>