カーナビ

車のカーナビが普及してから20有余年。
その進歩はまさに日進月歩です。CDROMからDVDへ、今やHDDが主流。
記憶媒体の進歩と共にカーナビもどんどん変化してゆくようです。
初期の頃の機種は現在地が意味不明のところになってしまったり、方角を見失ったりと言う「カーナビ迷子」状態も散見されました。
僕も「道なき道を行く」ナビ上の我が愛車を何度か見かけたものです。

それからずいぶん経ちました。
今僕が使っているホンダ・オデッセイのナビはそんな不都合は皆無。
音声認識が頓珍漢な事を言う事以外は取り立てて問題もなく便利に使っております。

とは言えどんなに便利なカーナビと言えど、年月と共に地図データが古くなってしまう・・・。
こればかりは致し方の無い事です。
そこで定期的に地図データの更新が必要となりますが、ホンダは新車納入から2年目の更新だけは無料でやってくれます。
2年目の点検(もちろんこちらは有料)を受けさせんが為のサービスではあるのですが、これはユーザーにとってはありがたい話。
11月がその該当月でしたが、昨日ようやくそのデータ更新をする事が出来ました。

折角ですので、自宅に帰るのにわざわざ目的地セットして走り出したら・・・、音声案内の女性の声が変わっています!
聞きなれた前の女性の優しいトーンと変わって、今度の女性は何だかきっぱりとしてるぞ・・・。
「300m先右方向です。」「右です。」
何だかテキパキし過ぎていてハンドル操作を教習所の教官に指示されているようです。

目的地に到着すると「音声案内を終了します。お疲れ様でした。」

どうせならもう少し優しく言ってよ・・・。
変に緊張したディーラーからの帰り道でした。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-18 09:57 | 世間話


<< しどろもどろのホンマの話 命 >>