「ほっ」と。キャンペーン

富良野から与那国島まで

本日「Dr.コトー診療所」が一段落しました。

志木那島(与那国)の美しい風景とそれに負けないくらい温かな島の人々。
吉岡秀隆さんの少しくぐもった様な優しい声のナレーション。
何がこんなに心を掴んで離さないのでしょう。

かつて「北の国から」の黒板純役で名子役の名を欲しいままにした彼。
そのイメージが強かったのも事実ですが、今や小さな南の島の名医としての彼が確かにあります。
愁いを帯びた優しい眼差し、人としての不器用さ・・・。
繊細な心の持ち主を演じさせたら今や右に出るものがいないのではないでしょうか。

今、後ろではエンドロールと共に中島みゆきさんの歌が流れています。
とりあえず今回はお終い。
またいつかこの島でコトー先生に出会えることを楽しみにしております。

PS:コトー先生がこの島に来てから、重病人や大怪我をする人が増えちゃったとクレームがついているのではないかとそれだけが心配です・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-21 23:23 | 世間話


<< 冬至 にっちもさっちもどうにも安倍総理 >>