人間万事塞翁が馬

今年最後の連休です。
関東地方に関して言えばお天気は良好。
家族連れやカップルのクリスマスプレゼントの買い物などで街はさぞ大賑わいだった事でしょうね。

え?
あっしは仕事ですよ。仕事。
貧乏人は働かにゃぁねぇ。仕事がある以上は休んでられません。
忙しくて忙しくて本当に猫の手も借りたいとはこのことか・・・。

自分で言うのもなんですけど、今年はよく働きましたねぇ。本当に。
それがそのまま収入に繋がればより素晴らしいんですが、どうも世の中上手く行かないようで・・・。ま、その内いい事あるでしょ、きっと。





まぁぼやきはこのへんにして、公私共に今年も色々ありました。
良くも悪くもバラエティに富んだ年でしたねぇ。
自分としてはこのブログを記し続けたのはそれはそれは大きな出来事。
よ~く続きましたねー。
そしてここを通じてたくさんの方々との出逢いもありました。
それもとっても大きな力になりました。
一々名前は記しませんが、まずはここで出逢えた方々に感謝です。
ありがとうございました。
この一文を読まれた方は「あぁ、私に礼を言ってるんだな・・・」と思って下さいませ。

言葉の力、不思議さをまざまざと思い知らされた年でもありました。
ブログを通じてお話をしていても、その方の姿が思い浮かぶ事があります。
その人となりが見えてくることもあります。
もちろんこのバーチャルの世界でその人の全てを見通すことなど不可能ですが、何度もやり取りをしていると朧気ながら確かに見えて来るものがあります。
もちろん人間ですから多少は作っちゃっている部分もあるでしょう。
でも「」の部分、「根っ子」の部分はそうそう作りきれるものでも無いなぁと感じる事も度々。

そしてそれは取りも直さず自分自身にもそのまま当てはまると言う事でもあります・・・。

僕にとってブログは自分自身を映す鏡でもありました。
この一年近く書き綴ってきた文章を読み返してみると、その時々の心の揺らぎや思いが一々行間からこぼれている様にさえ思えます。
そしてそこに残した確かな軌跡は誰のものでもない、紛れも無い自分自身のもの。
昔の写真を見ているようで、それは面白いものです。

これをいつまで続けられるのかな・・・。
この先どうなるかと一緒かぁ・・・そればっかりはわかりませんものね。

いつか老いた時にでも再びここに帰ってきてこれに眼を通して笑い飛ばせればそれでいいかな。

人間万事塞翁が馬  か。

ま、どうか一つ、今後ともお手柔らかに・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-23 19:35 | 世間話


<< クリスマス・キャノンボール 続く生命のために >>