安堵

<花粉予測>来春は平年より少なめ 関東甲信越25%程度

 環境省は22日、来春のスギとヒノキの花粉飛散予測を発表した。北海道、青森、熊本、鹿児島の4道県を除いて飛散量は平年より少なく、関東甲信越、北陸、東海地方では平年の20~25%程度、最も多い九州でも平年並みかやや少ないという。東北から九州にかけ、今年夏の日照時間が少なく、実の付き方が悪かったためという。地域ごとの予測は次の通り。
 北海道及び東北北部=平年並み▽東北南部=平年の半分程度▽関東甲信越=平年の25%程度▽北陸及び東海=20~50%▽近畿=30~60%▽中国及び四国=50~80%程度▽九州=平年並みかやや少ない      12月22日  毎日新聞


来年の話をすると鬼が笑うなどと申しますが、この時期春先の花粉の飛散量は花粉症の方なら大なり小なり気になるところ。
ひどい花粉症の僕にとっては嬉しいニュースです。

今年の春もかなり楽だったのですが、翌春も穏やかな春を満喫できるのかな。
安心して新年を迎えられます。
いや冗談じゃなくて本当にそう思ってます、ハイ。
[PR]
by kazz1125 | 2006-12-24 10:33 | 時事


<< 新しいすきま風  クリスマス・キャノンボール >>