「ほっ」と。キャンペーン

お雑煮

お正月には欠かせないおせち料理やお雑煮。
とは言え一月も四日ともなると、そろそろ食傷気味の方もたくさんいらっしゃるでしょう。
我が家は大した支度もしませんので、あっという間に通常営業に戻っておりますが、一所懸命おせちを支度したお宅ほど、いつまでもお節の残りを食べ続ける羽目になっちゃったりします。

先日、ある方とお雑煮の話になりました。
その方は静岡出身の方なのですが、どうも東京のお雑煮が舌になじまないそうで・・・。
ちなみに東京のお雑煮と言うのは一般的には「焼いた角餅で味付けは醤油。鶏肉や小松菜、三つ葉、カマボコ、ダイコンなど」を具にしたあっさりとしたものです。
ところがその方の実家のお雑煮は、味噌味で餅が原型をとどめないほど煮崩したものらしい・・・。
僕から言わせればそっちの方がよっぽど食えんぞ!って言いたかったのですが、無用な摩擦を生むといけませんので黙っておりました。
それがその方のお里の方のお雑煮なのか、ご実家オリジナルなのかは存じませんが、地方地方、また家々によってもずいぶんと違いがあるものですね~。

お雑煮に飽きたなぁ・・・って言えるのもまた穏やかなお正月の証。
間違いない幸せの証しであります。
[PR]
by kazz1125 | 2007-01-04 20:11 | 世間話


<< 振り向くな君は美しい 母の背中 >>