「ほっ」と。キャンペーン

春の七草

一月七日、七草。お正月もお仕舞。
最近ではあまり耳にする事もなくなりましたが、五節句の一つ「人日の節句」です。
平安時代よりその日に七草粥を戴くようになったそうですが、その食の風習だけが未だに根強く残っていると言うのも面白いものです。

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ 春の七草・・・でしたね。
実際にどの植物がどれ!と言うのはちょっと無理ですけど何とか覚えてました。
では秋の七草、・・・全然ダメ、忘れてしまいました。
ま、調べれば簡単に分かるのですが、あえて記憶に挑戦してみると萩・女郎花・・・ん?藤袴?あと何だっけ???
これしか思い出せません。

人間、どうも食に繋がる物の方が記憶に残りやすいようです。
おせち料理で疲れた胃を労わり、冬に不足しがちな野菜を補うという意味のある種の健康食品が七草粥との事。
今日はまた一段と冬らしい寒さが戻ってきちゃいました。
温かな七草粥もいいかもしれません。

ところで七草ではなく質草のお話だったらもう少しお付き合いできますが・・・。
あっ、別に間に合ってますか。
そーですか。
[PR]
by kazz1125 | 2007-01-07 20:23 | 雑感


<< 生まれ変わったらなりたい職業 小心者の問い掛け >>