お勉強初め

昨日の事です。
買い物ついでに妻と二人で近所の中華レストランに入りました。
お昼を少し過ぎた時間だったのですが、連休中と言うこともあり入り口には席待ちのお客さんが数組・・・。
大抵の所がそうですがここも記帳して待つシステム。
僕が鉛筆を持った途端、横に先程からいた女性が僕にこう言いました。
「すみません、まだ名前書いてないんですけど・・・。」

多分記帳して待つという事に気が付かなかったんでしょうけど、今までぼさっと突っ立っていた挙句に、人が書こうとした途端のその言い草。
新年早々何だか癇に障りました。

この後の僕の取りうる対応には幾つかの選択肢が生まれます。
①そんなの知ったこっちゃない。それはそちらがぼさっとしているのが悪いんじゃない・・・。
   と、子どものように譲らない
②あーそーですか
   と憮然として譲る
③黙って譲る
④にこやかにどうぞどうぞと譲る

昨日はこの4つの行動パターンが瞬時に思い浮かびました。

結果僕が取った行動は②です。
ええそうです。僕は分別ある大人ですからね。
①のような事は思いはしましたが、そうそう言動に表す事はできません。
チラッと思いはしましたがね。

「先に待っていたのですが、書くのに気が付かなかったのでお先に書いてよろしいでしょうか」と言われたのなら、僕も恐らくにこやかに譲れたでしょう。
僕だってへそ曲がりの意地悪オヤジじゃないんだからさ。
だけど「まだ書いてないんですけど・・・」っていきなり言われてもねぇ。
思わず「だから何?」って言いそうになっちゃいました。
それともやさしく「はぁそうですか、それで何か?」って親切に聞き返してあげればよかったのかな・・・。

新年早々、人に伝える事の難しさを改めて勉強させて頂きながら、ついでにチャーハンを頂いた今年最初の日曜の昼下がりです。
[PR]
by kazz1125 | 2007-01-08 12:02 | 雑感


<< 始動 宛ての無い手紙の下書き >>