ドン・キホーテvs北朝鮮

<山崎前副総裁>拉致問題「進展ない」TBS番組で答える

 北朝鮮を訪問中の自民党の山崎拓前副総裁は12日夜、TBSの報道番組の電話インタビューで、宋日昊(ソンイルホ)・日朝国交正常化交渉担当大使らと会談したことを明らかにした。拉致被害者の一日も早い帰国など事件の全面的解決を求めたのに対し、宋氏は「解決済みだ」と主張したという。山崎氏は番組で「(拉致問題で)進展はなかった」と語った。
 山崎氏によると、6カ国協議で核問題に早く決着をつけるよう促すと、宋氏は「朝鮮半島の非核化は故金日成主席の遺訓で、その基本方針に変わりはない」と語った。両国間の懸案事項の解決を目指した日朝平壌宣言について両氏は、現在も有効であることを確認したという。
1月13日 毎日新聞


突然単身北朝鮮に乗込んだ山崎拓さん。
その意図する所が今一つわかりません。
ましてや政府与党からも非難轟々と言った体たらく。
単身乗込んだ所でどれほどの影響力を彼の国に与える事ができると信じていたのでしょうか?

滞在予定はあとわずか。
確かに膠着状態にある対北朝鮮との様々な問題を、より前進せんが為のものである事に疑いはないのですが、果たしてその結果はいかばかりのものになるのでしょうか。


遥か昔からドン・キホーテには世情に疎い所があるようです・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-01-13 13:59 | 時事


<< 子どもからの手紙 安全祈願 >>