雨の物語

関東地方は1/6以来の久し振りの雨。
それも路面が濡れる程度の、優しい雨降りです。

少しだけ埃のにおいがします。
春の気配がちょっぴり感じられたように思います。

何処となく物憂い週中の水曜日・・・。
今日はこの曲の切なさに身を任せてみます。


雨の物語  詞・曲 伊勢正三 歌 イルカ

化粧する君の その背中がとても
小さく見えて 仕方ないから
僕はまだ君を 愛しているんだろう
そんな事ふと 思いながら

 窓の外は雨 雨が降っている
 物語の終わりに こんな雨の日似合いすぎてる

誰もが物語 その一頁には
胸弾ませて 入って行く
僕の部屋のドアに 書かれていたはずさ
とても悲しい 物語だと

 窓の外は雨 あの日と同じ
 肩を濡らした君が ドアの向こうに立っていたのは

 窓の外は雨 雨が降ってる
 幾筋もの雨が 君の心の曇りガラスに
         
[PR]
by kazz1125 | 2007-01-17 11:17 | 音楽


<< 魔法の貯金箱 冬の調べ >>