魔法の貯金箱

無家賃の議員会館、22人が事務所費1000万超計上

 閣僚らの資金管理団体が家賃のかからない議員会館内の事務室を「主たる事務所」としながら、政治資金収支報告書に多額の事務所費を計上していた問題で、2003~05年に年間1000万円以上の事務所費を計上したことがある国会議員は22人に上ることが、読売新聞の調べでわかった。

 地元事務所の経費を含めていたケースが大半だが、会合での飲食費も合算するなど適正さが疑われる会計処理も新たに判明。領収書の必要がない事務所費のあり方が改めて問われそうだ。

 政治資金収支報告書によると、05年の資金管理団体の所在地として議員会館を届け出ていた国会議員は167人。このうち03~05年に1回でも1000万円以上の事務所費を支出していたのは、衆院議員18人、参院議員4人。内訳は、自民党19人、民主党、国民新党、新党日本各1人だった。1月17日  読売新聞 



実際に掛かっていない経費を掛かったように見せる事のできる魔法の貯金箱ですね。
それが政治資金の透明性を確保し、政治腐敗を排除する目的であるはずの「政治資金規正法」という立派な法律で保護されてるって言うんだから、うらやましい。

えぇ、議員の方々はどんどんお金をそれで捻出したらよろしいんですよ。
法律違反じゃないんでしょ?
領収書も要らない。内訳も曖昧模糊としたままでなんとかなっちゃう・・・。
打ち出の小槌!うらやましい限りです。
えぇえぇ遠慮なくおやり下さい。

ただ民間の意識とはあまりにもずれちゃってるようなので、それに胡坐なんかかかれちゃてるとその内誰からも見向きされなくなると思いますがね。
お気をつけ遊ばせ。

魔法の貯金箱か・・・。
こちらは100円均一で買った「50万円貯まる貯金箱」くらいが関の山ですねぇ。
[PR]
by kazz1125 | 2007-01-17 18:49 | 時事


<< バットで出す答え 雨の物語 >>