17歳

17年前の今日
長女が生まれた
丁度今日の空と同じ様な
時折、風花が舞う
そんな寒い日だった

誰彼構わず
「女の子が生まれたんですよ」と話しかけたいような
辺り構わず小躍りしたいような
生まれて初めての喜びに満ちた日

闘い終えたベッドに横たわる妻の
汗と涙を見た時
心からの
労りの気持ちを感じたあの日


遠ざかる日々

いつしか時は
掛替えの無いものさえも
好むと好まざるとに関わらず
忘れさせてしまうのかもしれない

今日は
ささやかな誕生祝いと共に
もう一度
大切なものを思い出そう
[PR]
by kazz1125 | 2007-01-20 16:36 |


<< 痛ましい事故の残したもの 真のピエロに >>