納豆の嘆きが聞こえる

えらい迷惑な話です。
納豆はちっとも悪くないんですがね・・・。
一転嘆きと憤り、茨城の納豆今度はキャンセル続出

 全国の納豆生産量の約5割を占めるとされる茨城県では、大手メーカーの品不足を穴埋めするため大口の注文が入っていた中小メーカーにキャンセルが入り、廃棄処分がでかねない状況だ。

 日立市の業者は、7日の番組終了後、スーパーからの注文が通常の7、8倍になり、土日返上で生産していた。しかし、20日に番組内容のデータ捏造が発覚して以降、スーパーからの注文が止まった。業者は「納豆は発酵させて出荷するまで3日かかり、先を見込んで製造していた。ずいぶん在庫がかさんでいる。賞味期限が過ぎたら処分するか、お世話になっている人に差し上げるしかない」と嘆く。

 別の業者でも20日以降、大口注文がキャンセルになった。同社は「これまでに作ったものは引き取ってもらえることになったが、注文を受けて大量に確保した大豆や容器などの保管場所の確保に頭が痛い」と憤っていた。 (2007年1月22日  読売新聞)


本当に視聴者も納豆メーカーも振り回されちゃいましたね。
この手の番組で一番やってはいけないことだものなぁ・・・。

コメディアンが暴走しちゃうのと同じ発想なんでしょうか?
受け狙いで何でもやってしまい、挙句の果てに始末書みたいな感じ。
もちろん今回の件は始末書どころの騒ぎじゃないですけどね。

メディアに載ってしまうとそれを頭から信じてしまう我々も学習しないといけません。

第一もっと早く気が付かなきゃ!
納豆食べててやせるんだったら、果たして水戸の人は全部スマートなのか。
デーブ大久保(元巨人・水戸商出身)はやせてねーじゃねーか!
[PR]
by kazz1125 | 2007-01-22 18:41 | 世間話


<< まぬけなサム 悠長な事言ってる場合じゃない >>