「ほっ」と。キャンペーン

旅行けば 駿河の国は 茶の香り

さすが茶の産地、蛇口ひねれば冷茶…小学校に設置

 お茶の産地・静岡県島田市の島田第一小学校に23日、蛇口をひねると冷茶が出てくる大型給茶機がお目見えした。
 児童は休み時間に飲んだり、うがいをしたりできる。子供のころから茶に親しんでもらい需要拡大につなげるとともに、茶成分のカテキンには殺菌作用があることから、風邪予防効果も期待されている。

 給茶機は幅約1・0メートル、高さ約1・7メートルのステンレス製。手洗い場に設置され、三つの蛇口が設けられている。水道水に地元産の粉茶を混ぜ、約200リットルの緑茶を作れる。市教委は「将来的には全17小学校への設置を検討する」としている。

 児童らは早速、蛇口から出てくる冷たい茶を、コップに注いでいた。
                               1月23日 読売新聞


これいいですねー!
うらやましい。
学校の水道水の安全性云々で、水筒持参が原則の学校もある昨今、地元産のお茶を学校で飲めるなんてねぇ。うがいもOKですか。
おまけにカテキン効果で体脂肪率まで下がっちゃたりしてって、「あるある大辞典」か!

全国各地のその土地土地のものに、こうして身近に接することが出来るのって、いいですよねぇ。
まぁここの場合はお茶だからいいけど、浜松だったら水道からうなぎが出てきたりしてね・・・エライこっちゃ。
[PR]
by kazz1125 | 2007-01-23 18:29 | 世間話


<< そのまんまじゃない東 反則技 >>