後遺症

本日は愛知県知事選、そして北九州市長選が行われます
先日の宮崎県知事選もですが、これほど地方自治の場が注目されるのもそうそうは無い事。
これも安倍政権の副産物でしょうか?

柳沢氏の発言の後遺症を大きく残したままの今回の選挙。
安倍総理の信を問う、そして参議院選にまで繋がる大きな意味合いのある選挙になりそうです。

それにしても現国会の補正予算案審議に野党3党の審議拒否は頂けません。
もちろんそこに野党が参加していようがいまいが、与党の圧倒的多数は変わらないのですが、
補正予算審議と柳沢氏の罷免要求を天秤にかけて果たしてどちらが大切なのか?
野党の方々はそれをもう一度よく考えていただきたいと思います。
出席して議案に賛否の意思を示す、そして女性のあり方をもう一度きちんとアピールすべきためにも、国会審議には参加すべきです。

国民の為にそれが出来るのは、議員バッジをつけたあなた方しか出来ないのですから・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-04 00:16 | 時事


<< 小市民の幸せ 問題内閣 >>