スペイン語には無いらしい

厚顔無恥という言葉。
日本では当たり前のように使いますが、スペイン語にはどうやらそういう観念がないんでしょうね。

チリ人妻(この言葉も何だかなぁ)アニータ・アルバラードさんが1月末から何日間か日本に滞在。
その時の様子をテレビが面白おかしく報道しておりましたが、彼女どういう神経しているんだか皆目見当がつきません。
と言うよりも、悪い事をしたと言う思いの欠片もないのでしょうか?
とにかく平然と日本に来て、それも出資元!の青森に足を踏み入れるなんざ、正気の沙汰とは思えません。
もし僕が彼女の立場だったら、絶対に日本になんか足を踏み入れないものなぁ・・・。
普通なら身の危険すら感じると思うんだけど、平然と焼肉屋でカルビ食ってましたね。

って言うかその青森の焼肉屋さんさぁ。
「お前に食わせるカルビはねぇ!とっととチリへ帰れ」って何故言わない?
確かに結構な売り上げだったかもしれないけど、青森県人のプライド見せるべきだったような気がします。別にその焼肉屋さんはなぁんにも悪くないんだけどさ・・。
罪は夫にあるとは言え、傍からすれば同罪に等しいわけでしょ?
「ありがとうございました」なんて、彼女には口が裂けても言うべきじゃないと思うんだけどなぁ。

僕がもしそこの店主だったら・・・「お会計は八億円になります」って言ってやります。絶対。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-06 00:23 | 雑感


<< 日替わりメニュー 小市民の幸せ >>