はき違え


「身びいき」に広がる安倍首相批判=中川氏との不仲説も-衛藤氏の自民復党

 安倍晋三首相が郵政造反組の衛藤晟一前衆院議員の自民復党を容認したことで、「身内」の復党を優先させた首相への批判が党内外に広がっている。落選組の復党に慎重だった中川秀直幹事長は方針転換で苦しい釈明に終始。首相との「不仲説」も取りざたされている。
 「衛藤さん、何とかなりませんか」。首相は26日夜、笹川堯党紀委員長に電話し、党紀委での迅速な審査を求めた。衛藤氏は27日、復党願を提出し、党紀委の開催が決まった。首相の要請はこれを見越した「根回し」であるのは明らかで、党内では「首相の独走」(閣僚経験者)との反発の声が上がった。  2月27日 時事通信


今までは大学の先輩だと思って、遠慮半分期待半分で思ったことも言わなかったけど・・・。
はっきり言いましょう。
ダメだ、こいつ。」

一国の宰相が義理人情で左右されてたんじゃ国の舵取りなんて出来る訳ない。
自分の身辺の空気の見極めも出来ないようなら、日本丸の方向性を誤るばかりだ。
とっととお辞めになるがよろしい。
[PR]
by kazz1125 | 2007-02-27 23:45 | 時事


<< おはようの朝 今、一番の心配事 >>