敗北感

今日は昨日の風も収まり、また一昨日のツーリングの疲労もすっかり取れ、勤労に勤しんでおります。
ちょっとケツがまだ痛いんですけどね。

あっ、そうだ。
ふと思い出した・・・。
一昨日の事です。
あと10㌔も走れば事務所へ辿り着こうかと言う帰り道。
入間市の駅近辺はどうしても越えなくてはならない比較的長い登り坂があります。
いい加減走り通してきた40代半ばの普通のオヤジには結構な試練です。
でも歯を食いしばって一所懸命ペダルを踏みしめて登ります。
ところが・・・・。
後ろからさぁ~っと風の如く駆け上がる一台の自転車。
それがロード車だとかならまだしも、ママチャリに乗った同年代と思しきオバサマ!

電動アシストつき自転車です。
本当に・・・宣伝文句だけではなく軽々と坂を登ってゆきます。

「ひ・卑怯者!待て。」
と言いたくなるのを堪えつつ、少しずつ遠ざかる彼女の背中を僕は見つめながら、僕はそろそろと坂を登って行きました。
何に対してだか分かりませんが、その時言い知れぬ敗北感があったのは事実です。

あぁ、何だかくやしいぞ。
今度は僕もあれを買ってツーリングに行くぞ!
って悔しいのはそっちかい!
[PR]
by kazz1125 | 2007-03-06 09:42 | 世間話


<< 業物 ぼろぼろ >>