銀行利用手数料

いつの間にかコンビににATMがあるのが当たり前になっていますね。
本当に便利な世の中になったもんです。
別に宣伝するわけではないのですが、今サークルK・サンクスでは利用手数料が無料・・・。そしてあちらこちらのメガバンクがそれに右へ倣えとばかりに利用手数料無料となりつつあります。
しかしながら今まで払っていた利用手数料。
たかが¥105、夜間は¥210といえばそれまでですが、よく考えてみるとこれほど馬鹿馬鹿しいお金はありません。
自分が預けてあるお金を引き出すのに、わざわざそれだけのお金を取られる。
それがしっかりと金利がついていた時代ならまだしも、すずめの涙にもならないような低金利の時代に、しっかりと手数料は取られている。
何だか釈然としない話です。

国のテコ入れで大銀行は軒並み業績好調。
もちろん様々な努力があった上での業績回復であったのは否定しませんが、その裏には多額の税金が使われているのは事実。
業績回復したらすぐにでも還元するのが当たり前だと思うのですが、そういうのに関しては必ず後回しになっちゃうのが世の常。

ささっと営業方針を転換できるだけの柔軟さがあれば、顧客もそこから離れないと思うんですが何だかどの銀行さんも周りがそうだからウチもみたいな感じがあるのは否めません。
これからはもっと各行ともオリジナリティを強く出さないと、真の競争には生き残れませんよ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-03-17 23:52 | 雑感


<< 寂寞 ライブドア判決 >>