宮崎からの春風

昨日は宮崎県庁の入庁式でタミフルに引っ掛けて気の利いた事を言ったつもりが、逆効果満点になってしまい、謝罪までするはめになった東国原知事
今日は宮崎県立看護大学の入学式への出席と、インフルエンザ復帰後も相変わらずの忙しさです。

厳粛な雰囲気で進んだ入学式も、知事の挨拶の段になると何やら雰囲気が和んだそうで、それも人気の知事であるゆえか、それとも彼の人間性の賜物なのでしょうか?
それをどちらとも断言できないところ!が、ある意味彼らしいところでもあります。

しかしながら他の知事さんたちと大きく違う所は、こうしてどんどんと県民の中に入って行く事。
それは彼の政治手法の一つなのでしょうが、大変好感が持てるのも事実です。
そしてそこで民意をどんどんと汲み取り、県政にフィードバックする事ができれば、素晴らしい事でもあります。


入学式後の新入生全員と知事との記念撮影の時の事。
写真屋さんか学校関係者が「撮影前に前髪直すなら今のうちに御願いしま~す」と新入生に言ってましたが、この言葉に知事は突っ込みは入れませんでしたねぇ。
「ボクは前髪は直せませんが、県政はきちんと立て直します」くらいのもう一捻り欲しかったなぁ。残念。

いずれにしてもこの知事さん、ややもすると少し軽めの空気を伴っちゃってるのも否めないところですが、宮崎に新しい春風を吹き込んでいるのは間違い無さそうです。
これから、これから。
[PR]
by kazz1125 | 2007-04-04 19:30 | 世間話


<< 4月 祝辞 >>