4月

スローテンポなバラードにアレンジされた「You are my sunshine」が流れる。

父:「・・・・娘が1人暮らしを始めるんで」
店員:「お父様からメール貰ったらうれしいですよね」
父:「・・・・・・・」(寂しそうな微笑)

こんなドコモのCMが流れています。
流れる度に食い入るように見てしまいます。
このオヤジ、きっと寂しいんだろうなぁ。
勝手に想像して貰い泣きしそうです。

4月。
出発の時、そして別離の時。
人生で数えるほどしかないアポストロフィを打つのは大抵4月です。
まるで桜の花のように、希望の時であると共に少しだけ寂しさも感じてしまいます。

因みに僕が娘にメールを送ると、「つまらん用で一々メールしないで」文句言われます。

現実はそんなモンです。
[PR]
by kazz1125 | 2007-04-05 09:08 | 世間話


<< ブラックホールとの訣別 宮崎からの春風 >>