売国奴

北朝鮮本国の工作員が「自衛隊幹部と密会」…2児拉致前後

 1973年に消息を絶った渡辺秀子さん(当時32歳)の2児が北朝鮮に拉致された事件の前後、渡辺さんの夫の勤務先だった貿易会社を拠点とする北朝鮮の工作員組織が、自衛隊の複数の幹部を、北朝鮮本国の工作員らと引き合わせる「案内役」を担っていたことが、警視庁公安部の調べでわかった。

 複数の同社関係者が自衛隊幹部との接触を認め、「本国の工作員が現金を渡した」と供述する関係者もいるという。12日に兵庫県警と共同捜査本部を設置した公安部は、北朝鮮が工作員組織を介して自衛隊から機密情報を収集していた疑いが強いと判断、組織の実態解明に全力を挙げる。

 調べによると、東京都品川区の貿易会社「ユニバーストレイディング」(78年ごろ活動停止)に勤務していた渡辺さんの在日朝鮮人の夫は73年6月ごろ突然、失跡。同社役員の女(59)は同年12月ごろ、夫の行方を捜していた渡辺さん母子を監禁し、74年6月中旬、配下の工作員に命じ、長女敬美ちゃん(当時6歳)と長男剛ちゃん(同3歳)を福井県小浜市の海岸から北朝鮮に拉致した疑いが持たれている。 4月13日  読売新聞


目を疑いたくなる報道です。
拉致事件そのものが腸が煮えくり返るほど腹立たしい事件なのに、今回はさらにそれに関連して手引きをしたのが自衛隊幹部・・・・?
この報道が何処まで事実なのかは分かりませんが、しばらく思い出す事さえなかった「売国奴」と言う言葉が過ぎりました。

世の中にはやっていいことと悪い事があるぜ・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-04-16 19:29 | 時事


<< 中川×商店 ラーメン19 >>