中川×商店

中国外交は「極めて非常識」=「中華思想」と批判-自民政調会長

 自民党の中川昭一政調会長は15日、都内のホテルで講演し、日本から昨年秋に安倍晋三首相が訪中したのにもかかわらず、中国側はトップの胡錦濤国家主席ではなく、温家宝首相が訪日したのは「外交上極めて非常識だ」と厳しく批判した。
 中川会長は「日本のナンバーワンが行ったのに、中国のナンバー3が来るというのは外交儀礼から言って、おかしい」と指摘。中国側の考えは「中華思想」であり、外国指導者の訪中に関して昔の「朝貢」のような感覚を持っているのではないかと語った。共産党総書記である胡主席は党内の公式序列首位だが、温首相は第3位とされている。 4月15日 時事通信


中川政調会長の外交儀礼から言ってもおかしいというご意見。
中華思想の表れ・・・。
僕も正論だと思います。
だけどね・・・。正論だとは思うけど、それは今言うべき事じゃねーだろうとも思います。

安倍総理が就任後何処よりも最初に中国詣でをした意図。
それをきちんと理解しているのなら、もしくはその安倍総理を支える意志があるのなら、彼のこの発言は出てこないはず。
裏返してみると、自民党執行部自体が安倍政権から一歩離れ始めた事の何よりもの証しだと思われます。

小泉政権が残した日中関係の極端な悪化と言う負の遺産。
その関係改善は双方が望んでいるばかりではなく、世界の正義(???・・・もう一つ?)アメリカも東アジアの不要な緊張をほぐすためにも歓迎の意向です。
その一歩をどうやって踏み出そうかと言う手探りのこの時期に、いきなり何を言い始めちゃうかなぁ。この人は・・・。

大度を持って黙して語らず。
別に下手に出たままで良いというつもりも毛頭ありませんが、この際は大歓迎の意志だけを相手に伝えておけば、最も国益に適ったはずなのですがねぇ。

空気が読めないのか?
とっても負けず嫌いなのか?
それとも小人にありがちな「小さなプライド」が許さなかったのか・・・?
いえ、別に中川氏がちっちゃいとは言いませんがね。(僕はちっちゃいですけど・・・って何がやねん!)


いずれにしてもこうして考えると外交って商売に類する部分が多分にありますよね。
お客様の前では作り笑顔が平然と出来るようにならなくてはいけません。
苦虫を噛み潰したような顔で商品が売れると思ったら大間違い。
にっこり笑って心の中で舌を出すくらいの強かさも必要なんでしょうかね。

それを鑑みると、中川さんは商売人にならなくて良かったねぇ。
イヤほんとそう思います。
[PR]
by kazz1125 | 2007-04-17 09:16 | 時事


<< 非業の死 売国奴 >>