日本選挙絵図

2007統一地方選挙が終わりました。
良い意味でもまた悪い意味でもずいぶんと注目された選挙だったように思います。
また夏の参議院選挙の前哨戦ということもあり、各政党とも一段と力が入ったようです。

全部でいくつの知事、県議、区市町村で選挙が行われたのだろうと調べてみようとしたのですが、日本中ありとあらゆるところで選挙選挙選挙・・・。
あんまり多いので数えるのをやめちゃいました。

ところで・・・。







広いエリアをカバーする都知事選と違って、地元の市議会議員選挙は候補者数の多さとも相まってとっても賑やか。

遠方から少しずつ名前の連呼が近づきそして去ってゆく・・・。
ようやく静かになったと思ったらすぐに別の候補の選挙カーがやってくる。
時には擦れ違いながら「○×候補の御健闘をお祈り申し上げます」などと心にもない台詞をマイク越しにがなり立てる。
駅頭では通勤通学の行き交う人々に一々深々と最敬礼。
小中学生のからかい気味の応援にも、感謝感激雨霰の喜びの声。
普段は付き合いなんて一切ないのに、選挙前になると必ずかかってくる某政党支援者からのとっても親しげな御願い電話・・・。
選挙前だけは誰に対しても形振り構わず平身低頭。

名前をとりあえず売り込むだけ売る!
政策も主義主張もマニュフェストもへったくれもありゃしません。
当選しちゃえばこっちのもの。

残念ながら、悲しいかなこれが日本の選挙です。

何か違いますよね。
絶対違うって・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-04-23 18:08 | 時事


<< 感覚の物差し Blowin' In ... >>