買い物の物差し

物差しシリーズ(ってそんなシリーズがあったのか!)第3弾です。

買い物が好きです。
仕事帰りにスーパーに寄るのが好きです。
結構頻繁に寄り道して帰ります。





僕が仕事を終えてから寄る時間帯は、見切り品が続出する時間帯。
ベーカリーショップのパンですとか、お刺身ですとか、、オージービーフステーキ用のお肉ですとか、お惣菜や野菜サラダのパックなどなどが3割4割引きは当たり前となります。
そして閉店時刻の一時間ほど前になりますと、それらにはさらに半額の札が付き、あっという間に品物はお客様のかごの中へと吸い込まれて行きます。

ある時ふと気が付きました。
休みの日など昼の時間帯に買い物に行きますと、普通の買い物が出来ない・・・。
刺身なんぞは確かに新鮮ですが、高くて買うのがもったいないのです。
これ夜来れば半額だよなぁ・・・とか、このパンだって一個¥150だけど、夜来れば5個も6個も袋に詰められて¥300だぜ、馬鹿馬鹿しいとか・・・。
ですから昼間に買い物に行くとかごの中はスカスカです。

工場事務所の近所(って言っても車で10分かかりますが)にダイソー(¥100ショップ)があり、そこへも割とよく行きます。
昔の¥100均一より遥かに品質が向上しておりますので、事務所でちょこっと使うような小物なら大抵のものが揃います。

ところが・・・。
ダイソーの中でも気の利いた品物¥200とか場合によっては¥500とかの値段設定。
ここで物凄い葛藤が生まれます。
「これ良さ気だなぁ・・・だけど¥200だぞ」とかの自問自答を繰り返し結局まぁず買わない。

たった¥200でこんなに悩まんでもよかろーにと思うのですが、ダメ。
¥500の品なんて悩む前に却下ですものね(爆)。
まぁ、お金の使い方としては一見無駄が無いのかもしれませんが、何となくちっちゃい自分がイヤになります(苦笑)。

買い物の物差し。
その対象となる品物や「欲しい度数」、また趣味性などによってずいぶんと変わりそうです。

フィギュアオタクがお金をかける。
車マニアが改造やドレスアップにお金をかける。
ブランド物に金をかける。
パチンコにお金を突っ込む方。
千差万別の物差し。

僕の物差しの幅が一番広いのは何だろう・・・。



少なくともダイソーの品物じゃ無い事は確かです(キッパリ!)
[PR]
by kazz1125 | 2007-05-03 10:46 | 世間話


<< 世にも恐ろしい話 気持ちの物差し >>