「ほっ」と。キャンペーン

粗製濫造

かつてアイドルは、万人が一目で誰だかわかる存在感を示していました。
今やそういうかつてのアイドルに匹敵する存在はいなくなってしまったように思います。

それは僕が年齢を重ねたからでしょうか?
いえ、それはモーニング娘の台頭が最大の原因のように思います。

浅草橋ヤング洋品店という番組のオーディション企画から生まれたユニット、モーニング娘。
次々とメンバーの入れ替えと増減を重ね現在に至ります。
そのメンバーの顔と名前が一々一致している方は少ないでしょう。
というよりメンバーの人数すらわからない人がおそらくほとんど。
アイドルが持っていたカリスマ性を壊し、どこにでもいるちょっとかわいらしい娘の普遍性がモーニング娘の最大の売りだったように思います。

そのモー娘を卒業後、w(ダブルユー)というユニットを組んだのが加護
人気のあった二人のユニットは更なる飛躍を遂げるかと思いきや、加護の喫煙問題で頓挫。
辻はやむなくソロ活動を余儀なくされます。
そしてそろそろ活動再開かという頃に、謹慎中の加護に再び喫煙が発覚。
結果加護はハロプロ解雇となり、辻は方向性を失ったかのように見えました。

ところがこの4/9に舞台発表(4/26体調不良を理由に降板)、ギャルルというわけの判らんユニット発表(4/25)、そして今度は妊娠結婚・・・。忙しいぞ。


恋愛は自由ですから、それについてはとやかく言うつもりもありません。
しかしながら、19歳とはいえもう大人の入り口であるのは間違いありません。
辻の行動が無責任極まりない気がするのは僕だけでしょうかね?
一人になった辻をバックアップするためにたくさんの人たちが働いたはずです。
それをまぁ・・・何ですかね。
加護と比較するのはかわいそうな気もしますが、彼女たちのために動いていた大人たちからすれば二人とも同じく感じてしまうのではないかな・・・。

これもアイドル粗製濫造の結果でしょうか。
アイドルにはやはりアイドル道というものが必要な気がします。
ファンに夢を売る仕事ですから、普通の人と同じ事をしてたらやっぱりダメ。
それを食い物にしている大人たちにももちろん責任はありますがね・・・。
一度アイドルになったら最後までそれをきちんと全うするのがファンへの義務でしょうねぇ。


ところで、辻ちゃんと結婚するウルトラマンコスモスを演じた杉浦太陽クンはやはり3分で・・・。
いぇいぇ・・・なんでもありません!

最後にこういうこと書いて〆ちゃうのはやはりオヤジなんでしょうねぇ。
オヤジになったら最後までそれをきちんと全うするのがオヤジの義務でしょう(訳わからん・・・)。
[PR]
by kazz1125 | 2007-05-08 23:53 | 世間話


<< 元!巨人ファンの独り言 緑と青のコラボ >>