修学旅行

中3の次女が昨日から2泊3日の修学旅行に行っております。
東京の中学生の修学旅行の定番中の定番、京都・奈良です。

3日間ともお天気にも恵まれそうです。
とても楽しみにして出かけていったので、親としてもホッとしております。

以前少し書いたように思うのですが、次女は中1の夏休み以降、完全に「省かれる」といういじめに遭っていました。
本人にもその原因は分かっていたようですが、原因を取り除けばボロボロになった友人関係が即修復するというものでもありません。
先生方のお力も拝借したりもしましたが、こればかりは外野の力だけではどうにもしてやれない、とてもはがゆい部分がありました。

バスケの試合を見に行った時、たった一人、体育館の隅の輪から離れたところで詰まらなそうにお弁当を食べていたあの姿を思い返すと、今でも胸が締め付けられます・・・。

それでも自ら少しずつ少しずつ関係修復に努め、ようやく普通の友人関係を取り戻したのはそれから半年の後の事でした。


修学旅行は班行動が主となります。
班決めなどであぶれてしまう子とかがいるのも実際よくある例です。
もし我が子がそういう状況だったら・・・親としても辛いもの。
子どもさんももしそんな状態であれば楽しいはずの修学旅行だって辛いに決まってます。

我が娘は幸いそんな状況にもならず、前日も友だちとお菓子を買いに出かけたりと楽し気に準備しておりました。
一生に一度しかない大切な思い出作り。

たくさん笑って、たくさん写真撮って、たっくさんのおみやげ話をしてもらいたいな。
それが親にとっては「生八つ橋」よりもず~っと素敵なおみやげです。

あ、それと枕投げには勝ったか負けたかも聞きたいですっ!(って枕投げはふつー勝敗はないだろう・・・バカなオヤジだ)
[PR]
by kazz1125 | 2007-05-11 08:55 | 世間話


<< 薫る風が運んだ 変な国 >>