「ほっ」と。キャンペーン

佑ちゃんへの物差し

早大・斎藤佑、開幕から無傷の3連勝!=東京六大学野球

 佑ちゃん、開幕から無傷の3連勝! 東京六大学野球春季リーグ・早大vs.明大2回戦が20日、神宮球場で行われ、1年生ながら春のリーグ戦4試合に登板し、すでに2勝を挙げている早大の斎藤佑樹投手が3度目の先発マウンドに上がった。2回を除いて6回まで毎回走者を背負いながらも、低めの変化球を中心に打たせて取る巧みな投球術で、明大打線を無失点に抑え込んだ。これで斎藤の今季の成績は5試合、3勝0敗、21回1/3、21奪三振、自責点1、防御率0.43。1年春の3勝は、1996年の立大・水谷潤投手以来11年ぶり、さらに初登板から無傷の3連勝は91年の早大・織田淳哉投手以来16年ぶりの快挙となった。5月20日  スポーツナビ


斉藤佑ちゃん、再びやっちゃいましたね。
この防御率なんてホント有り得ない・・。
野球を知らない方に補足説明させて頂けば、要はほとんど点を取られていないという事です。

ホントこの男、計り知れない。
どうやら佑ちゃんを計る物差しは我々レベルでは持つことすら不可能のようです。
天与の何かを間違いなく持っています。

「だんだん良くなる法華の太鼓」。
そんな言葉を何となく思い出した黄昏時です。
[PR]
by kazz1125 | 2007-05-20 18:05 | 世間話


<< 性癖暴露 権威失墜 >>