松岡氏の選んだ道

松岡農相が首つり自殺…議員宿舎で

 28日正午すぎ、東京都港区赤坂2の新衆議院議員宿舎1102号室で、この部屋に住む自民党衆院議員・松岡利勝農相(62)が首をつっているのを、同室を訪ねてきた秘書が見つけた。

 同日午後0時29分に119番通報を受けた救急隊が、現場で蘇生(そせい)措置を行って慶応大病院(新宿区)に搬送した。

 警視庁赤坂署によると、松岡農相は心肺停止状態。同署は、松岡農相が自殺を図ったとみて調べている。

 同署によると、松岡農相は同日正午に宿舎を出る予定だったが、正午過ぎになっても、部屋から出てこなかったため、秘書が室内に入ったところ、松岡農相がリビングのドアの上部に、布製のひもをかけて首をつっているのを発見した。待機していた警視庁の警護官(SP)に連絡した。 5月28日  読売新聞 


死者に鞭打つつもりは毛頭ありませんが、残念ながら同情の気持ちも正直沸いてきません。

自殺を図るくらいなら他に進む道は幾らでもあったろうに・・・。
野党のみならず与党からも相当の批判を受けて、八方塞で困窮極まりなくなっちゃったんだろうけど、最後まで潔くないお方でしたね。

いずれにしても高額な事務所費の問題、また緑資源機構の官製談合事件については不透明なままの結論が下る事は間違い無さそうです。

ちなみに昨今増加の一途を辿る自殺対策のため、昨年可決された法案に自殺対策基本法というものがあります。
それに付随して政府には「自殺総合対策会議」が設けられました。
その会議の構成員のお一人には農林水産大臣も名を連ねております・・・。


早い段階で松岡氏が自らの非を認め、また安倍総理も罷免するなどの処置をしていれば、命を失う事も無かったんではないかな・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-05-28 14:53 | 時事


<< 大変な「美人」 床屋の椅子から >>