「ほっ」と。キャンペーン

確かなこと

<出産>女子生徒が校内で、男児死亡 新潟の高校

 5日午後9時45分ごろ、新潟県長岡市の病院から「高校で出産した女子生徒が運び込まれた」と県警長岡署に通報があった。生まれた男児も搬送されたが、すでに死亡していた。同署は殺人の疑いもあるとみて、出産の経緯や男児がいつの時点で死亡したかなどを調べている。
 調べでは、男児を出産したのは同市内の県立高校3年の女子生徒(18)。5日午後5時ごろ、校内の女子トイレの個室内で産んだとみられる。出産直後、トイレ内から友人に携帯電話で連絡し、知らせで駆けつけた教職員らが病院に連絡した。
 生まれた男児は体重約2800グラム。へその緒がついたままで、洋式便器の中で見つかった。同日、女子生徒は午後3時ごろまで授業に出ていた。周囲に「午後4時ごろ、おなかが痛くなってトイレにいった」と話しているという。学校は妊娠に気づかなかったという。6月6日 毎日新聞


この生徒と同い年の娘を持つ父親として、心境は複雑です。

まず初めに感じたことは、この生徒の親は・・・娘の変調に何にも気がつかなかったんだろうか?
もしも家族との関わりが少ない家庭に育ったのだとしたら、その生徒は不安で一杯だったのではないか?
そしてそのパートナーには妊娠の事実を言わなかったのだろうか?
それとも不特定多数の相手がいての結果だったのか?
性についての知識が余りにも無知だった・・・結果ではないのか?

上記の新聞記事だけでは詳しい背景はわかりません。
はっきり言って謎だらけ。

ただ一つ確かなことは、生まれ来る生命の尊さを知らな過ぎるな。
余りにも無責任な性情報の氾濫が、こうした悲劇を生む土壌になっているのはどう考えても否めません。

セックスは快楽のためのものではない、遊びじゃないんだと言うことをきちんと教えなくちゃ・・・。性の本当の意味を知らなくちゃ・・・。

                               心が生きると書くのが「性」です。
[PR]
by kazz1125 | 2007-06-07 00:10 | 雑感


<< 「果たす」 か 「取る」か 体調不良 >>