愚の骨頂

年金照合まず90億円 最終費用、見通し立たず

 年金記録紛失問題について、基礎年金番号に統合されずに宙に浮いた状態となっている年金記録約5000万件と統合済みの記録との全件照合費用が計70億円になるとの政府試算が9日、判明した。電話相談などの費用を加えると当面の事務的経費だけで90億円となる。ただ、支給漏れ分を回復させるための経費や、5000万件を正確な記録に修正するために手書き台帳と突き合わせる費用は含まれていない。このため、費用がどの程度まで膨らむかはまったく見通しが立っていない。
 不明年金照合などに必要な追加経費は、年金保険料を充当せずに全額税金負担する方針は決まっているが、必要な額は明確ではなかった。

 試算によると、安倍晋三首相の指示を受けて来年5月までに完了させることになった5000万件の全件照合経費は、プログラム開発費10億円▽有力な手がかりが見つかった年金受給者への照合結果と年金加入記録の通知費用50億円▽年金をまだ受給していない若者世代への通知費用10億円-の計70億円。
 これに、年金相談急増に対処するための、土日を含めた24時間対応電話相談や、11日からスタートするフリーダイヤル相談、窓口増設で費用20億円が必要になる。
 プログラム開発費、相談関係費は平成19年度予算で対応し、通知費用は来年度予算に盛り込む考えだ。
 一方、照合結果を確認するための事務経費や、記録認定の第三者委員会の運営経費といった通知後の対策費は、20年度予算に計上するとの方針は示したものの「精査中」としている。さらに、5000万件のうち、入力ミスや入力漏れを修正するために、社保庁のマイクロフィルムや市町村が保管する手書き台帳の記録との突き合わせ費用が必要になる。この突き合わせは専門家による手作業で10年近くはかかるとされており、年金照合費用は最終的には莫大(ばくだい)な額になるものとみられる。 6月10日  産経新聞


どうしてもこの莫大な経費が税金から捻出されることに納得が行きませんねぇ。
第一あくまでも試算・・・。はっきり言ってこれすら信用できない感は否めません。
社保庁にお勤めされていた方々は今までお給料貰ってたんでしょ?
本来こういうお仕事をされるためにいらしてたわけですから、自己責任で対処して頂きたい。
安倍さんも何の試算もないまま勢いであんなこと言っちゃってからに・・・まぁ。
いずれにしても愚の骨頂の極みですな。
もしも民間の会社でこんなミスがあったら、その部署はカス呼ばわりされた挙句に手弁当でやらされますよ・・・。

それともう一つ・・・。
もし、もしも出来得る事なら、通勤時に「私は社保庁職員です」というゼッケンでも身に着けてみて下さいな。
・・・恐らく出来ないでしょうね。
場合によっては身の危険を感じるかもしれません。
逆に言えばそれが出来ないと言うことは、それほどお粗末極まりない仕事しかしていなかったという事の証でもあります。

一人でもいいから堂々と胸を張って、「私はこれだけの仕事をこなしています」って言ってみて欲しいもんです。
[PR]
by kazz1125 | 2007-06-10 22:51 | 時事


<< moral hazard 負け >>