「ほっ」と。キャンペーン

剃り込みの記憶

とある事情で高校2年の時、僕は定時制に半年通っていました。
定時制には色んな事情の色んな年齢の色んな生徒が通っています。
若い頃勉強する余裕なんてなかったんでしょう・・・そんなおじいさん・・・。
普通科からはみ出しちゃったツッパリクン・・・。
家庭の事情で働きながらしか高校へ通えない少女・・・。
4時間授業で2時間目と3時間目の間に給食があるんですよ。7:30位だったかな
仕事してからの通学だから腹が減っててね・・・・大した給食じゃなかったような覚えがあるけどやたら美味かったなぁ。

前の記事で「剃り込み」などと言う事を書いたら、高校時代の事を思い出しました。

僕の世代の高校生の頃は、暴走族全盛期。暴走族に通いながら学校に来ている奴もたくさんいました。
余談ですが俳優の宇梶剛士さんが多摩地区最大の暴走族ブラックエンペラーの総長をやっていらした頃が正にその時期です。
当時の不良少年達(その頃ヤンキーという呼称ではなく「ツッパリ」でした)はこぞって暴走族系ファッションに身を包み、街を闊歩したものです。
ビーバップハイスクールと言うマンガがありましたが、正にあんな感じ。
気合の入った格好で他所の街に行く時は、気合と覚悟が必要・・・電車の中でも一触即発・・・そんな時代でした。

とは言え僕はツッパリ系ではなかった(ビジュアル系でした・・・・ウソつきました、すみません)ので、友だちのそういう武勇伝をふむふむと平気を装いながら(内心コェ~って思ってましたが)聞いている・・・そんな日々だったように思います。
そういうツッパリ系の友だちの一人が2、3日学校休んだある日、自慢のパンチパーマから丸坊主になって通学して来ました。

「おぉ気合の入った頭だなぁ」と思っていましたら、事情はそれほどカッコイイもんではありません。
鏡に向かって剃り込みを入れていたらどうもバランスが悪い。
右をもう少し・・・。あれ、ちょっと入りすぎた・・・。今度は左を・・・あれまた深い・・・。
気が付いたら般若の面の角のような剃り込みになってしまった・・・。
結局あんまりカッコ悪いんで、丸坊主になったと言う次第です。眉毛まで全部剃っちゃってたからそれなりに迫力でしたけどねぇ。
後にそっち系に行った先輩に学校で年中焼き入れられてましたけど、今もワルやってんのかなぁ・・・あいつ。
結構いいヤツだったんですけどね。
はっきり言って頭悪かったけど・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-06-19 08:58 | 世間話


<< ビリー来航 はったり >>