「ほっ」と。キャンペーン

落下

渋谷では女性専用スパの従業員用施設が爆発。建物が全壊し3人の方が亡くなりました。
一方新宿ではビルから看板・・・看板と言うより店のディスプレイが落下し、通行人の女性が下敷きになり重傷と言う痛ましい事故が連続。

渋谷の事故はこれから原因究明ということですが、新宿の事故は看板取付部の経年変化による落下だろうと言う専門家の指摘がありました。
ある程度以下の大きさの看板の場合、定期的に検査する義務も無いと言う事。
つまりこれは何処でも起こりうる事故ともいえます。

今朝も通勤でここに来るまでの間、頭上にある看板をそれとなく数えてみましたが、20分ほどの通勤時間でさえ運転しながら数え切れる数ではありません。
このように我々の普段の光景の中に潜む危険と言うのはどれほどあるもんなのでしょう。

この二つの事故・・・。
被害に遭われた方はなんら特別な行動をされていた訳ではありません。
そしてその危険を意識する事など無いまま被害に遭われたものと思います。
こんな不慮の事故を未然に防ぐ方法は、設置した側が意識して危険の芽を摘み取ってゆく事しかありません。
頭上にデカデカと看板を掲げている会社の方々は、是非この機会にきちんと点検して下さいね。

もしデカイ地震とか来たらとか思うと・・・ぞっとします。
[PR]
by kazz1125 | 2007-06-20 08:20 | 雑感


<< 昭和の匂い ビリー来航 >>