病膏肓に入る

<豚肉混入ミンチ>社長、指示認める「7、8年前から」

 北海道苫小牧市の食品加工卸会社「ミートホープ」(田中稔社長)が生産した「牛ミンチ」に豚肉を混ぜていた問題で、田中社長は21日、自ら混入を指示していたことを記者会見で認め、時期も「7、8年前からあった」と述べた。これまで自身の関与は認めず、同市内に新工場ができた05年11月以前の混入も否定していた。同社は06年7月以降、16社に販売した少なくとも約14万キロの「牛ミンチ」を自主回収する方針。
 会見には田中社長のほか、中島正吉工場長らも出席した。混入を始めたきっかけについて、田中社長は当初、「中島工場長に相談された」と答えていたが、中島工場長は「社長が言ったと思う」と反論。その後、田中社長は自身が「牛肉と豚肉を合わせて作ろうか」と提案したことを明らかにした。頻度についても「時期によって違うが、毎日続けて混ぜる時もあった。2、3カ月ぐらい前までやっていた」と流れる汗をハンカチでぬぐいながら小声で答えた。6月21日 毎日新聞


先日モラルハザードと言う記事で中国の倫理観の欠如を嘆いたばかりだったのですが・・・。
すみません。
我が国日本もこの体たらくでした。

同じ穴の狢。
同病相哀れむ。ちょっと違うかな・・・。
病膏肓に入る・・・ってこれは全然違いますね。

商売の大原則。
コストダウン。
最も分かりやすい鉄則です。
しかしながら顧客が蔑ろにされた商売と言うのは絶対に成立しないはず。
この会社も目先の利に捉われた結果、おそらくこのまま消えていってしまうんでしょうね。

それにしても、この前の不二家の時もそうでしたが、この手の事件があると必ず同業他社も同じような事をしているのではないか?と疑心暗鬼になってしまいます。
実際何食わされてるんだかわかんねーぞ・・・みたいなね。
食品業界は決して他岸の火事ではありません。
これを機に食の安全性も含めて、確かな製品と言うものに向き合っていただければと思います。

ん、そうか・・・。
金儲けを病と考えれば、「病膏肓に入る」と言う喩えもあながち間違っちゃいないのかな・・・。
それにしても何だか悲しいねぇ。
[PR]
by kazz1125 | 2007-06-22 07:38 | 時事


<< 羊頭狗肉株式会社 昭和の匂い 2 >>