羊頭狗肉株式会社

<豚肉混入ミンチ>賞味期限切れ間近の冷凍コロッケも転売

 食品加工卸会社「ミートホープ」が製造した牛ミンチの豚肉混入問題で、元幹部が、冷凍食品加工会社から賞味期限切れ間近の冷凍コロッケを格安で仕入れ、系列会社などに転売していたことを明らかにした。保管中に賞味期限が切れた商品は従業員が手作業で包装を詰め替え、期限を6カ月以上延ばして出荷していたという。 6月22日  毎日新聞


・・・・おいおい。
話がどんどんひどくなってきますね。
他のニュースでは地元の小学校の給食センターへ国内産の鶏肉と偽ってブラジル産のものを納めていたとか、産地を偽装するために大手の精肉会社の袋を模造したものに詰め替えていたとか・・・。

あの社長の記者会見のにやけた態度とかを思い出すと、不愉快極まりない・・・。
取締役の長男が見るに見かねて真実を話すように諭していましたが、今更もう・・・と言う感じです。
もっと早く気が付くべきでしたね。
世間には会社の「ミートホープ」と言う看板の下の「羊頭狗肉」と言う文字がはっきり見えちゃいましたもの。

こういう言葉があると言うことは、肉を扱う商売としては由緒正しいオーソドックスな不正なんでしょうけど・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-06-22 19:26 | 時事


<< 信号待ち 病膏肓に入る >>