昭和戦後史の消失

宮沢元首相死去、87歳=高度成長、戦後築く-ハト派の論客

 戦後を築く重要政策の決定に立ち会い、憲法9条改正に慎重な保守本流のハト派でもあった元首相の宮沢喜一(みやざわ・きいち)氏が28日午後1時16分、老衰のため東京の自宅で死去した。87歳だった。東京都出身。葬儀は7月1日正午から港区南青山2の33の20の青山葬儀所で密葬で行われる。喪主は妻庸子(ようこ)さん。連合国との戦争状態を終結させるサンフランシスコ講和会議にも出席、日本が回復する原動力となった高度経済成長をリードし、戦後政治の「生き証人」と呼ばれた。
 今年2月、政界関係者の会合に車いすで出席したのが、公の場での最後の姿となった。自民党は後日、内閣との合同葬を行う方向で検討している。
 宮沢氏は1919年10月生まれ。東大法学部卒業後、42年旧大蔵省に入った。参院議員を経て67年衆院旧広島3区に転じ、連続12回当選した。62年、池田内閣の経済企画庁長官として初入閣、以後、通産、外務、大蔵などの主要閣僚を歴任した。91年10月に第15代自民党総裁、翌11月に第78代首相に就任した。
 首相在任時は国連平和維持活動(PKO)協力法を成立させ、自衛隊の海外派遣に道を開いた。一方、衆院への小選挙区制導入を柱とする政治改革法案は自民党内の反発で頓挫。93年6月、野党提出の内閣不信任決議案が自民党旧羽田派の同調で可決され、衆院解散に踏み切ったものの同年7月の衆院選で敗北。自民党は野党に転落し、自民単独政権最後の総裁となった。
 ハト派の論客として憲法9条の改正には慎重な立場を貫いた。政界きっての経済通でもあり、98年の小渕内閣では、首相経験者としては異例の蔵相に迎えられた。戦前の金融恐慌を収束させた高橋是清にちなみ「平成の是清」と呼ばれた。  6月28日 時事通信

昭和戦後史を肌身を持って知る宮沢元総理が亡くなりました。
また昭和が一つ消えてしまいました・・・。
印象としては鋭さと非常に穏やか、かつリベラルさを持ち合わせた政治家であった様に思います。

今から10年程前、小渕内閣で大蔵大臣を勤められていた時に、大蔵省でお見かけしたことがあります。
その頃大蔵省の改修工事をやっておりまして、その時に省内から外出される所をお見かけしたのですが、小さな身体にものすごい存在感を漲らせていたのを思い出します。

毎度こんな述懐になりますが、昭和がどんどん無くなって行きますねぇ。
心からご冥福をお祈り申し上げます・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-06-28 23:34 | 時事


<< 断罪 宇都宮餃子 >>