断罪


「聞くに堪えない3日間」=元少年から見下ろされた-遺族の本村さん・母子殺害

 山口県光市の母子殺害事件で、広島高裁で開かれた差し戻し控訴審の公判終了後、遺族の会社員本村洋さん(31)は28日、広島市内で記者会見した。元少年の被告(26)の口から殺意と乱暴目的を否認する言葉が次々と出たことに「聞くに堪えない3日間。あまりにも身勝手な主張が多く、亡くなった者への尊厳のかけらも見えなかった」と語気を強めた。
 本村さんは3日間の法廷に、亡き妻と娘の遺影を胸に臨んだ。この日、被告が退廷する間際、事件後に初めて目が合ったという。「鋭い目でにらみ付けられた。遺族を見下ろされた。きょうほど憤りを感じたことはない」と深い怒りをあらわにした。 6月28日 時事通信


はっきりと言おう。
死刑とはこの事件の被告のためにある。
[PR]
by kazz1125 | 2007-06-29 01:58 | 時事


<< 名前の変遷 昭和戦後史の消失 >>