イライラの増長

「手抜き当たり前の職場、解体仕方ない」社保庁職員が告白

 30日未明に国会で成立した社会保険庁改革関連法案。社会保険庁を解体し、職員を非公務員化する公法人を新設して出直しを図ることが正式に決まった。そんな中、東日本の社会保険事務所で働く職員が、読売新聞の取材に「手を抜くのが当たり前の職場。解体されても仕方がない」などと内情を証言した。

 職員の告白は、信頼回復への道のりがいかに険しいかを物語る。

 「決められたことをしないから、こんな組織になってしまった」。取材に応じた社保事務所の中堅職員の男性は、解体の運命をたどる自らの職場についてあきらめ混じりの口調で語った。

 男性が社保事務所で働き始めたのは1980年代。一通り業務を覚えると、職場の異常さに気づいた。指導してくれた先輩職員が、自分に教えた通りに仕事をしていない。例えば、年金番号をきちんと確認しない、窓口を訪れた人に給付額を丁寧に説明しない、昼休みになると窓口に人が来ても無視する……。 6月30日  読売新聞


あのさぁ・・・。
僕を含めてほとんどの国民が、おそらくは社保庁なんてそんなもんだろうって思っていたと思います。
だけど実際「やっぱりそうでした」って、告白されたらされたでものすご~くむかつくのは何でだ?
心の何処かに、「社保庁にだってまともなヤツもたくさんいたはずだよなぁ」って思いたい部分もあったわけですよ・・・。

それをいとも簡単にあっさりこんな職場でした・・・ってカミングアウトされてもねぇ。
梅雨時なんだからもう少しさっぱりとした気持ちになれるニュースは無いもんですかねぇ・・・。
あぁイライラする。
[PR]
by kazz1125 | 2007-06-30 12:41 | 時事


<< どいつもこいつも 名前の変遷 >>