どいつもこいつも

非常識」「暴言」と非難=久間氏発言、撤回求める-原水協など

 久間章生防衛相が講演で米国の広島、長崎への原子爆弾投下について「しょうがない」などと容認する発言をしたことについて、反核平和団体や被爆者団体は30日、「非常識」「暴言」などと非難し、発言の撤回を求めた。
 原水爆禁止日本協議会(原水協)の高草木博事務局長は「惨状を経験した国の閣僚として、あまりに非常識としか言いようがない」との談話を出した。
 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の田中煕巳事務局長も「閣僚としての教養も知性も感じられない、その資格が問われる暴言としか言いようがない」との談話を発表した。  6月30日 時事通信



久間防衛相発言、問題視せず=「米国の考え方を紹介」-安倍首相

 安倍晋三首相は30日、遊説先の香川県丸亀市内で記者会見し、久間章生防衛相が米国の広島、長崎への原爆投下について「しょうがない」と発言したことについて、「詳しいことは聞いていないが、久間氏は米国の考え方について紹介したと承知している。同時に原爆の惨禍にあった長崎の被爆地としての考え方にも言及されたと聞いている」と述べ、現時点では特に問題視しない考えを示した。  6月30日 時事通信



久間さん、どう考えてもこれはないなぁ。
あなた長崎出身の代議士でかつ現職の防衛大臣でしょ。
どうせ大した考えもなしに口走っちゃったのだろうけど、如いては核武装を目論んでるんじゃないかなんていう腹を探られたりもするだろうねぇ、これじゃ。
確かに原爆の投下によって日本の降伏が早まった。そしてソ連の北海道侵攻を防ぐことが出来た・・・のかもしれない。ややこしくならなくて済んだと言うのはあるかもしれない。
でもそう考えるのはご自由だが、口にしちゃまずいだろう。
それを公然と表明しちゃうのは絶対違う。
原爆に対する長崎県民の感情だって肌身を持って感じているはずなのにねぇ。

さらには総理が相も変わらずの都合の良い解釈で身内の擁護・・・。
毎度毎度の臭いものに蓋かいな。

いつまでもそんなことやってればいいや、別に。
そんなに長いお付き合いでもなさそうだしね。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-01 00:03 | 時事


<< 第4ピリオド イライラの増長 >>