金金舌禍、金舌禍

もちろんこんな言葉はありません。
しかしながら安倍内閣を評するに最もふさわしい造語だと、この際誰も褒めてくれませんので自画自賛しちゃいましょう。

家賃受け取ってない=事務所費で実家の母-「後援会代表」も知らず・農水相問題

 赤城徳彦農水相の政治団体が、茨城県筑西市にある実家を事務所の所在地として届け出ていたことについて、同農水相の母親は7日、取材に対し、「家賃や光熱費は受け取っていない。秘書などはおらず、わたしたち(夫婦)が住んでいるだけ」と話し、事務所としての実体がないことを明らかにした。
 母親は、赤城農水相が農水省を辞め、選挙に出馬する際に実家を事務所としたと説明。しかし、「選挙の際には水戸の事務所が中心で、ここを使って活動はしていなかった。ここが(政治資金収支)報告書に記載されていることも知らなかった」と語った。
 農水相の公設秘書からは、以前から「間違った使い方はしていない」と説明されていたことも明らかにした。
 一方、後援会の代表者として、政治資金収支報告書に記載があった元県議は同日、「自分の名前が使われていることも知らなかった」と述べた。  7月7日  時事通信


今度は赤城徳彦農水相の政治資金の胡散臭い話が浮上。
先日自殺した松岡氏の後任だけに、世間の風当たりが益々強まるのは必至・・・。

ところが今度は
<赤城農相経費問題>父親が発言撤回 「今も活動拠点」

 赤城徳彦農相の茨城県の実家にある政治団体「赤城徳彦後援会」が活動実態がないにもかかわらず多くの経常経費を計上していたとされる問題で、実家の父親は8日、「今でも地元の活動拠点」とする文書を記者団に配った。父親は前日には取材に対して「(後援会の事務所になっていたことは)私は全く知らない。(ここでは政治活動は)やっていない」としており、事実上撤回した。7月9日 毎日新聞


ほー180度の方向転換ですか。
まぁもういいですよ・・・。
国民は言い訳なんか別に今更聞いちゃいないですから。
みんなわかってますって・・・。

ただ佐田、伊吹、松岡の金金組と柳沢、久間の舌禍組に新たなお仲間が加わったと言う事実だけは間違いありません。

いずれにしてもこのお裁きは参議院選と言うお白州で受けて頂やしょうか・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-09 08:57 | 時事


<< 「赤城の山も今宵限り」 is ... 天の川 >>