泳ぐ

梅雨の終わりが近づいた今頃は、小中学校では水泳の授業が始まる頃でもあります。
我が次女は比較的球技は得意なのですが、器械体操や水泳は苦手。昨日も平泳ぎが出来ないと嘆いておりました。
からかって「スタイルがカエルに似ててもダメかい?」といったら不機嫌になりました・・・当たり前か。
それでも何だかんだとぶーぶー言いながら、プールにはちゃんと入っているようです。
年頃の女の子だと、プールに入るの嫌さに、女の子である事を武器にして休んじゃう子が物すごく多いらしいのですが、それをしないところが彼女のいいところかな・・・。

小さい頃は夏になると二人の娘にせがまれてずいぶんプールに連れて行きました。
プールに行ったまでは良かったが、彼女の水着だけ持って行くのを忘れて泣きべそかかれたことなども懐かしく思い出します。

最後に一緒にプールに行ったのは次女が4年生だったからもう5年もプールに入ってない事になります。
メタボリック解消のために今年は心掛けてプールにでも通おうかな・・・。
第一泳げるんだろうか、それが心配です。

そう言えば、昨日の赤城農水相の渡欧前の会見では、大臣の目は北島康介も驚くほど泳いじゃってましたが、あれはメタボリック解消にはならんだろうな・・・。

あっ、そうだ!
だらしない次女にはよく言っておかなくちゃいけません。
水着持って帰ってこないと翌日エライ事になるから、ちゃんと持って帰ってきて洗濯しとけなぁ。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-11 09:06 | 雑感


<< 雨模様 季節の便り >>