開いた口が塞がらないのは、顎が外れたせいではない

丸川珠代氏、選挙権なし…NYから帰国後3年、転入届未提出

 元テレビ朝日アナウンサーの丸川珠代氏(36)=自民・東京選挙区=が16日、期日前投票を門前払いされた。丸川氏は約3年前に海外勤務から帰国しているのに、今年4月まで転入届を未提出。投票権が消滅した状態だった。同氏は「忙しくて(転入手続きを)忘れてしまって」と釈明したが、ここ3年選挙に行っていないのではという疑惑も浮上。とりあえず貴重な1票は確実に失ってしまった。

 中略

 区役所から出てきた丸川氏は「投票ができないことが分かりました。ニューヨークから戻ってきて、すぐに転入の手続きしなければいけないのに忙しくて忘れてしまって…。すいませんでした。ごめんなさい」と頭を下げた。

 今年4月に転入届を出したのであれば帰国以来、投票に一度も行っていないことになる。事実であれば、05年9月の衆院選も今年4月の都知事選も棄権。石原ファミリーの全面支援を受けながら、慎太郎知事に1票を投じることもなかったのか。元報道キャスターとしては何とも痛い失態。関係者は「忙しくて恐らく(選挙には)行っていないでしょう。(同じマスコミの)みなさんもそうでしょ?」と話す。

 後略                  2007年7月17日 スポーツ報知


参議院選というとすぐに、元アナウンサーだのタレントだのレスラーだのって知名度優先で、今まで政治となんら関係なかった人たちがいきなり訳知り顔で候補者だって出てくるのが、前々から気に入りません。
だからって別に丸川さんに個人的に好悪があるわけではないのですが、これはちょっとねぇ・・・。
開いた口が塞がらないの典型。
東大卒元アナウンサーと言う事ですが、一言で言えばだらしないの極み。
俗に「脇が甘い」などと言ったりもしますがそんなレベルではないですねぇ。

法に従って、法に則って(最近この言葉が横行してますが)立候補には問題なしと言う事ですが、この体たらくじゃ「ふざけた事言ってんじゃねぇぞ」っていう方も少なからずいることでしょう。
ましてや現段階の下馬評では苦戦を強いられている丸川氏。
自らの一票すら投票できないなんていう始末じゃぁ、先が思いやられます。

第一、自己管理が出来てない人に国政の一端を担って頂くのは、私たちもう懲り懲りしてるんですけど・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-17 19:16 | 時事


<< ペン回し やること為す事、疑心暗鬼を生む男 >>