ペン回し

あの懐かしの「ペン回し」メジャースポーツへ

 人知を超えた華麗な指さばきでペンを回す「ペン回し」。これを「競技」として整備するべく、「日本ペン回し協会」が設立していたことが19日、分かった。15日には東京・月島区民館で設立総会が開かれ、愛好家多数が参加、8月には国内初の競技大会が開催予定という。すでに欧米や韓国には競技団体もありネット上で世界大会が行われるなど裾野も広く、かつて「浪人生の特技」とされたペン回しが、メジャー競技として整備されつつある。
 国内のペン回しは、鉛筆よりも回しやすいシャープペンの登場に合わせて1980年代に流行。時代が進み、ウェブサイトなどを通じて広まった。今では「暇つぶし」の域を完全に脱し、「ハーモニカル」や「スプレッド」などの芸術的な妙技にまで発展。海外では「ジャグリング」の一部として確立しており、熟達者は「ペンスピナー」と呼ばれるなど人気“競技”となっている。

後略                       7月18日 産経新聞


浪人回し」と言う蔑称があったとは知りませんでした。
浪人生が回しているからか、それともそればっかりやっていて授業が疎かになって浪人するという意味なのか。どちらも的を得ているだけに判断が付きかねますが・・・。
かくいう僕も高校時代にワンパターンだけ習得。未だに何かの折にひょいと回す癖があります。
倫理社会の授業中、授業そっちのけでくるりと回しちゃ、あっちでカタン。こっちでポトン。
結構賑やかでした。そのお陰で倫理性の欠落した人間になってしまったのかどうかは定かではありません。

それにしても協会設立とはずいぶんと大掛かりな話ですね。
海外には競技団体もあったなんて、そんなに盛り上がっていたのか、この業界は(ってどんな業界だか・・・)。
まぁスポーツと言うのは何ですが、その技の難しさはジャグリングの一つと言っても過言ではないかもしれませんね。

まぁペンでも何でも回る内が花ですね。
僕なんか最近首が回らない・・・。
[PR]
by kazz1125 | 2007-07-18 19:08 | 世間話


<< 風鈴市 開いた口が塞がらないのは、顎が... >>